スポンサーサイト

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事に拍手する

Tag:スポンサー広告 

XMLサイトマップとは?HTMLサイトマップとの違いを解説

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップ(sitemap)というのは、
検索エンジンにWEBページを認識してもらいやすくするために
XML形式で作成されたサイトマップです。
検索エンジンはクローラーと呼ばれるロボットが各WEBサイトを巡回し、
新しく作成されたWEBページを拾って検索エンジンに登録していくのですが、
その際、全ての新しいWEBページを登録してくれるわけではないのです。
巡回の際にクローラーが新しいWEBページを認識しやすくするサイトの案内板として、
XMLサイトマップが役に立つのです。

XMLサイトマップは無料ブログサービスでは自動生成されている場合が多く、
このFC2ブログでも自動で作成してくれています。
XMLサイトマップをGoogleなどの検索エンジンに送信することにより、
新しいWEBページが認識・登録されやすくなるのです。
XMLサイトマップの作成とGoogleへの送信方法は以下の記事でまとめてありますので、
参考にしてみてください。
XMLサイトマップ作成とGoogleへの送信の方法

しかし、XMLサイトマップを送信したからと言って、
100%認識されるわけではありませんが、効果はあります。
Web担当者Forumさんの記事で詳しく解説されています。
XMLサイトマップを検索エンジンに送信するとクロールがどう変わるのかテストしてみた


HTMLサイトマップとは?


さて、一方HTMLサイトマップというのは、
検索エンジン向けではなく、
人間が視覚的に認識できるHTMLで作成されたサイトマップのことです。
WEBサイト内にある各ページをまとめたページのことです。
以下はGoogleのウェブマスターツールのヘルプのサイトマップです。
about-sitemap-1

HTMLで作るので、リストタグを使えばすぐにできますし、
HTMLを作れるフリーソフトもあります。
Webサイト全体の階層構造つきサイトマップを簡単作成「パッとHTML自動目次生成」

つまり、
XMLサイトマップは検索エンジン用、
HTMLサイトマップは人間が見るためのものということです。
このブログではHTMLサイトマップを作っていませんが、
記事を更新するたびに、XMLサイトマップ
Googleウェブマスターツールを使ってGoogleに送信しています。
Googleは登録が早いですが、XMLサイトマップを送ることによって、
さらに早くなっている気がします。
特に面倒な作業でもないので、
毎記事でなくてもちょくちょく送信しておいた方がいいでしょう。


関連記事
Googleのパンダアップデートとは?SEOへの影響は?
スニペットとは?スニペットの重要性・SEOへの影響とは?
XMLサイトマップ作成とGoogleへの送信の方法
Bing Webmaster Tools(ウェブマスターツール)登録方法
無料でSEOを学べるオススメの講座

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事に拍手する

Tag:トップ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

名前・inacaster
職業・SOHO(在宅ライター)
ジャンル・WEB関係全般
人種・関西人
年齢・華の1981年生まれ

カテゴリー
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。