スポンサーサイト

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事に拍手する

Tag:スポンサー広告 

タイポグラフィの基本の大切さ

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
以前WEBデザイナーになろうとWEBの勉強をしていたことがある。
現在はなぜかライターとして開業しているというのだから人生というものは予測できない。
でもデザイン関係の仕事がしたいと最近強く思うようになり、
デザインの勉強を再開した。

さて、何を勉強しようかと考えていたところ、ある一冊の本に出会った。
それは、タイポグラフィの基本ルール-プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニックという本だ。
タイポグラフィとは文字を読みやすくそして美しく見せるために、
文字の配列、大きさ、ウェイト(太さ)、行間、文字同士の間隔を調整することを指す。

今まで文字というものに全くこだわっていなかったし、
デザインのスクールに通ったこともないのでタイポグラフィの基礎を身に付けていないことに気づいた。
特にWEBデザインはタイポグラフィの知識が不可欠だ。
ロゴ、見出し、文章はタイポグラフィが絡んでくる。

超基本的な例をひとつあげておくとする。

typography-1

文字は「MSゴシック」。Photoshopを使用。
上の文字は何も調整していない状態。
下の文字は調整した状態。
調整したのは文字同士の間隔。

typography-2

上の文字は間隔がバラバラであることがわかる。
「ポ」と「グ」の間隔は狭いがそれ以外の間隔は広い。
特に「ィ」なんて一人はぐれてしまっている。
文字同士の間隔が広いとまとまりのない印象を与えてしまうし、
広がりすぎると読みにくくなるので、
「ポ」と「グ」の間隔に合わせて調整した。
すると、視認性がよくなり見た目がまとまった印象になった。

別に狭い間隔に合わせずに、反対に広い間隔に合わせてもいい。
要はデフォルトのままでは間隔がバラバラになっているので、
間隔を調整する必要があるということだ。
文字の用途によって揃える基準とする間隔を決めよう。

これは超基本だが、
タイポグラフィの基本ルール-プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニックではもっと深くタイポグラフィを学べる。
なるほど!と思えるような基礎からテクニックまで教えてくれる。

「文字を制する者はデザインを制する」
そう形容してもいいのではないかと思えるぐらい、タイポグラフィの大切さを実感した。


ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事に拍手する

Tag:トップ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

名前・inacaster
職業・SOHO(在宅ライター)
ジャンル・WEB関係全般
人種・関西人
年齢・華の1981年生まれ

カテゴリー
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。