スポンサーサイト

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事に拍手する

Tag:スポンサー広告 

Mac OS X LionにアップデートしてVMWare Fusion使えなくなったら32ビットで起動させる

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
Mac OS X Lionにアップデートすると、
VMWare Fusion2が開けなくなった。
理由は簡単、Mac OS X Lionのデフォルトは64ビットで、
VMWare Fusion2は64ビットに対応していないからだ。

ならば32ビットで起動してやればいい。
32ビットで起動するのは簡単。
起動時に「3」「2」を押しておけばいいだけだ。

反対に32ビット版として起動するように設定していて64ビット版を起動したいなら、
起動時に「6」「4」を押しておけばいいだけだ。


さて、起動を64ビットカーネルから32ビットカーネルに変更するには、
「ターミナル」で以下のコマンドを入力する必要がある。

sudo systemsetup -setkernelbootarchitecture i386

反対に、32ビットカーネルから64ビットカーベルに設定する時は以下のコマンドを入力する。

sudo systemsetup -setkernelbootarchitecture x86_64

「Changes to kernel architecture have been saved」
と表示されれば成功だ。
あとは再起動すれば指定したカーネルで起動される。


アップルのサポートページに書いてあるので、
そのまんまなのだが。
Mac OS X v10.6:32 ビットまたは 64 ビットカーネルで起動する

VMWare Fusionだけでなく、
32ビットカーネルでしか起動しないソフトがあれば32ビットに切り替えれば使えるようになる。


関連記事

VMWare Fusion ハードディスクの拡張
VMWare Fusion ネットにつながらない
VMWare FusionにWindowsの32ビットと64ビット両方入れる

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事に拍手する

Tag:トップ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

名前・inacaster
職業・SOHO(在宅ライター)
ジャンル・WEB関係全般
人種・関西人
年齢・華の1981年生まれ

カテゴリー
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。