スポンサーサイト

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事に拍手する

Tag:スポンサー広告 

Screengrabの使い方

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
Firefoxのアドオン・Screengrabの使い方を解説。

Screengrabはスクリーンショットを簡単に撮れます。

このアドオンがないと、
Windowsは画像編集ソフトなどに貼り付けないといけないし、
Macでは同時に3つボタン押すのめんどくさいですよね。

しかーし!

このScreengrabがあればポチッとアイコン押すだけで、
狙った画面をすぐにPNG形式、もしくはJPEG形式で保存できます。

Screengrabダウンロードページ

日本語に訳されたバージョンも入手可能ですが、
そないに難しくないし、機能も少しだけなので
公式の英語版で大丈夫でしょう。

まずは設定から。
これも極めてシンプル。

「ツール」
  ↓
「アドオン」
  ↓
「拡張機能」の中からScreengrabを選択

そうすると、
screengrab-1.jpg

PNG形式で保存するかJPEG形式で保存するかだけの
潔い設定が出現。
シンプルでいいですな。

では、Screengrabの実際に使い方を。

ブラウザ画面の右下にアイコンがありますのでクリック。

Screengrab2

ほんでもって
「Save」するか「Copy」するか選択します。

「Save」を選択すると、デスクトップなりファイルなりに
すぐに画像として保存できます。

「Copy」はWindowsでいうPrintScreenと同じですね。
画面をコピーして画像ソフトに貼り付けます。

次に画面のキャプチャ方法を選択します。
「Save」を選択しても「copy」を選択しても
次に出てくる画面のキャプチャ方法は一緒です。

Complet Page / Frame
・・・サイトのページ全体をキャプチャできます。
Screengrab3

Visible Portion

・・・現在表示されているサイトの画面のみキャプチャします。
Screengrab4

Selection
・・・選択した部分のみキャプチャできます。
Selectionを選択すると画面が薄い紫色になるので、
左クリックしたままキャプチャしたい範囲を選択すると濃い紫色になります。
※Javascriptを有効にしていないとSelection使えないようです。
Screengrab5

      ↓

Screengrab6

使い方は至って簡単なのであったらなにかと便利です。

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事に拍手する

Tag:トップ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

名前・inacaster
職業・SOHO(在宅ライター)
ジャンル・WEB関係全般
人種・関西人
年齢・華の1981年生まれ

カテゴリー
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。