スポンサーサイト

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事に拍手する

Tag:スポンサー広告 

ChromeのScreen Captureの使い方

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
Firefoxのアドオン・Screengrabと同じように、
WEBページのスクリーンショットが撮れるエクステンション(拡張機能)がGoogle Chromeにもあります。
Screen Captureというエクステンションです。
個人的にはFirefoxのScreengrabよりも
使い勝手がいいスクリーンキャプチャーですので重宝しています。
Screengrabってたまにキャプチャできない時があるので、
そういう時はScreen Capture使うと問題なくキャプチャできます。)

Screen Capture インストール

画像の保存形式はJPEGPNGを選択できます。
保存形式を変更するにはエクステンションのオプションから設定変更します。

エクステンションのアイコンを右クリックし、
拡張機能の管理」を選択、
もしくは、

ツールバー右端にある「Google Chromeの設定
  ↓
ツール
  ↓
拡張機能」を選択すると、
インストールしている拡張機能が表示されますので、
Screen Captureのオプションを選択します。
(ページ上部に「翻訳しますか?」と出るので、「はい」を押すと表示が日本語になります。)

screen_capture-6


インストールすると、Google Chromeの右側にアイコンが表示されます。
クリックすると、スクリーンショットの方法を選択できます。

screen_capture-1



☆Capture Page Region
キャプチャーの範囲を自由に選択できます。
キャプチャーを拡大・縮小できるので、ピンポイントで画像を撮ることができます。

screen_capture-2



☆Capture Visible Content

今開いているページの見えている部分だけをキャプチャーします。
スクロールしなけらば見えない部分はキャプチャーされません。

screen_capture-3


☆Capture Whole Page
今開いているページの見えていない部分もキャプチャーできます。
1ページ丸まるキャプチャーしたい時に便利です。

screen_capture-4


☆Capture Screen Region
WEBページだけでなく、パソコンのモニターのどこでも好きな範囲をキャプチャーできます。
選択範囲の右下にある「OK」ボタンを押せば保存できます。

screen_capture-5

ブログ移転しました

新URL→ http://4th-life.com
このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事に拍手する
テーマ : ブラウザ
ジャンル : コンピュータ

Tag:トップ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

名前・inacaster
職業・SOHO(在宅ライター)
ジャンル・WEB関係全般
人種・関西人
年齢・華の1981年生まれ

カテゴリー
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。